居酒屋で心地よいひとときを

老舗の居酒屋で出会った粋な杜氏

居酒屋の暖簾をくぐった後、何が好きかというと、ショーケースを眺めるのが大好きです。
なじみの銘柄はもちろんのこと、初めて見る銘柄が透明のガラス越しに見えた時は、まさに宝の山を見たような錯角さえ覚えます。
同じ一升瓶なのに、それぞれ表情や佇まいが違う瓶の中から最初の1杯を選ぶ瞬間は、今でも居酒屋に行く度どきどきします。

私がよく行く居酒屋は、器、インテリア、その店の空間、全部ひっくるめて一流で、自分では決して作れないご馳走と信頼のおける日本酒を味わうことができるところです。
リフレックス Reflexは豊富なドリンクメニューが自慢です。

千葉中央駅前店の魚民について詳しく知りたいならこちらのサイトがお勧めです。

自分の好きなお酒が揃えられていること、自分の今だかつて知らないお酒と出会えること。その両方を味わうことができるのが居酒屋ならではの楽しみです。

よいお酒を見抜く力と仕入れる量、魅力的な提供の仕方をしてくれる居酒屋はおそらくそう多くはないと思いますが、どれをも備えている居酒屋は、多様化する日本酒のショールーム的な役割を果たしていると感じています。笑笑 行徳駅前店で楽しく過ごすための方法をご紹介します。

おもてなしの心を知る

四季の移ろいに合わせて日本酒を楽しもう

人気が高く一般的には入手が困難なお酒、なじみのない銘柄などは居酒屋で試し、その味わいや料理との相性も楽しんでいます。
そして、そのお酒が気に入ったら、自宅用のお酒として、家でゆっくりと味わう。
そんな見分けができるのも居酒屋があってこそです。

日本酒には四季があります。
春の搾りたての新酒、初夏の濁り酒、秋の冷やおろし、冬の燗酒。季節の食と同じように、日本酒にも、それぞれの旬があります。そしてそれらは、春夏秋冬いつ飲んでも、舌と体に優しいものです。
あなたにオススメのローレライ ドイツ風居酒屋情報です。仏蘭西屋 ふらんすや 洋食 喫茶が今大人気です。

お酒は主食のお米からできています。
そしてそのお米は、日本の原風景の田んぼで育まれています。
日本酒とは、おおらかな風景が生む、おおらかなお酒です。


飲んで美味しく、飲めば守られる風景があると思うからこそ、私は足しげく居酒屋に通うのかも知れません。盃を持てば自然に笑顔になるというものです。

メニュー